[最新]口コミ情報

U.Yさんの場合
2015/05/19
堺市に住んでいます。東北への旅行にバイクを持っていくことにしました。自分で乗っていくことも考えましたが、途中用事で荷物を持っていく必要があったので、行きだけはバイク輸送というサービスを利用すること...
大阪市
H.Uさんの場合
2015/05/19
大阪市在住です。バイクが趣味で3台所有しています。隣県への引越しが決まったのですが、仕事と家の引越しで忙しく、バイクを自分で運んでいる時間がありませんでした。そこで1台は自分で乗っていき、残り2台...
大阪府
D.Mさんの場合
2015/05/19
大阪府内に住んでいます。遠方に住む友人にバイクを譲ることにしましたが、互いに忙しく自力では無理だと思い、バイクの輸送を業者さんにお願いすることにしました。譲る以上傷つける訳にはいかないので、ネット...
関西
I.Tさんの場合
2015/05/19
関西在住です。先月1月ほどの出張で県外に行くことになり、しばらくの交通手段として自分のバイクを持っていくことにしました。少し遠い場所で自分で乗って行くのは大変だったので、バイクだけ別に輸送してもら...
東京都
E.Tさんの場合
2015/03/18
とある事情でバイクを運ぶ必要が出てきたのですが、自分は結構運転が荒っぽいので、バイクに傷を付けてしまわないか不安でした。自分が運転を改めればいいのですが、せっかくなので、バイク輸送業者に依頼してみ...

バイク輸送の口コミをお探しなら当サイトで!

どこかへお引っ越しする時、バイク輸送を業者にお願いする方がいらっしゃると思いますが、輸送関連用語で「ドアtoドア」「デポ地」というのがあるのをご存知ですか? この2点について少しご説明したいと思います。「ドアtoドア」というのは、依頼人の玄関からバイク輸送先の玄関まで届けてくれることで、基本的に依頼人や受取人が動く必要はありません。「デポ地」というのは、輸送したバイクを保管する拠点のことです。依頼人がデポ地までバイクを持って行き、業者が受取人の近くにあるデポ地までバイクを運び、受取人がデポ地まで取りに行く仕組みになっています。デポ地輸送の方が業者の輸送手間を軽減するので、料金は安めです。また、バイク輸送中にトラックの揺れなどでガソリンが漏れてしまう危険がありますので、業者の方からガソリンを少なくするようお願いされることが多いです。ガソリンを抜く作業はバイク屋またはガソリンスタンドで出来ますので、輸送する際は、ガソリンを少なくした方が良いでしょう。バイク輸送口コミ君ではバイク輸送を専門とした複数の業者情報をご覧になることが出来ます。各地域ごとに業者の口コミを掲載しておりますので、お住まいの地域の業者をよくチェックされることをおすすめ致します。

このページの先頭へ