[最新]口コミ情報

東京都
I.Uさんの場合
2015/03/18
とある事情でバイクを運ぶ必要が出てきたのですが、自分は結構運転が荒っぽいので、バイクに傷を付けてしまわないか不安でした。自分が運転を改めればいいのですが、せっかくなので、バイク輸送業者に依頼してみ...
関東
I.Oさんの場合
2015/03/18
こないだ引越しをしましたが、バイクも引越し先まで運ぶ必要がありました。でも、バイクは最近新しく購入したばかりなので、自分でバイクを運転するのは不安でした。バイクを代わりに運んでくれる会社がいること...
和歌山県
I.Tさんの場合
2014/06/09
沖縄に別荘があるのですが、周辺を移動するには今まではレンタカーを使っていました。 友だちと相談して自分の持っているバイクを使って沖縄を回ることにしましたが、沖縄までは遠く、陸地か離れていることも...
和歌山県
I.Kさんの場合
2014/06/09
自宅をリフォームするため、一時的に倉庫に荷物を入れる事になり、不要な物は倉庫外に出す事になりました。そのため長年倉庫に保管していたバイクも対象となり、一時避難する事になりました。そこで利用したのが...
北海道
O.Uさんの場合
2014/06/09
研修のため離島に暮らす事になったのですが、車の免許を所持していない私にとって、バイクは必要不可欠な移動の手段でした。しかし離島へも輸送してくれるのか心配だったため問い合わせると、可能だと返事があっ...

バイク輸送の口コミをお探しなら当サイトで!

どこかへお引っ越しする時、バイク輸送を業者にお願いする方がいらっしゃると思いますが、輸送関連用語で「ドアtoドア」「デポ地」というのがあるのをご存知ですか? この2点について少しご説明したいと思います。「ドアtoドア」というのは、依頼人の玄関からバイク輸送先の玄関まで届けてくれることで、基本的に依頼人や受取人が動く必要はありません。「デポ地」というのは、輸送したバイクを保管する拠点のことです。依頼人がデポ地までバイクを持って行き、業者が受取人の近くにあるデポ地までバイクを運び、受取人がデポ地まで取りに行く仕組みになっています。デポ地輸送の方が業者の輸送手間を軽減するので、料金は安めです。また、バイク輸送中にトラックの揺れなどでガソリンが漏れてしまう危険がありますので、業者の方からガソリンを少なくするようお願いされることが多いです。ガソリンを抜く作業はバイク屋またはガソリンスタンドで出来ますので、輸送する際は、ガソリンを少なくした方が良いでしょう。バイク輸送口コミ君ではバイク輸送を専門とした複数の業者情報をご覧になることが出来ます。各地域ごとに業者の口コミを掲載しておりますので、お住まいの地域の業者をよくチェックされることをおすすめ致します。

このページの先頭へ